イベントのご案内

フィールドミュージアム2020 supported by LightAnimal
11/14 (土) 開催決定!

ソーシャルイノベーションウィーク渋谷にあわせて、
今年もフィールドミュージアムを開催します。
2年目となる今年は、「ミュージアム3.0:みる→かんじる→つくる」を
テーマに、感動・発見が味わえるミュージアムの作り方のひみつを体験。
昼間はこども・ファミリー向け、夜はおとな向けのプログラムとなっています。
第一部のみ、参加者の皆様の密を避けるため参加人数に定員を持たせて
頂いております。

■第一部:ミュージアムづくり

こどもたちが見つけた代々木公園の「冬の手がかり」を展示して、
一日だけのミュージアムを作ります。

対  象:こども・ファミリー
会  期: 2020年11月14日(土)10:00~14:00 ※雨天の場合翌日に順延
会  場: 代々木公園・ Relax食堂HARAJUKU
参 加 費: ¥2,000/ 1名(ランチ付)
     ¥3,000/大人1名・子供1名セット(ランチ2名分付)
      ※参加費は当日現金にてご持参ください。

今回のイベントでは参加者の皆様の密を避けるため、参加人数に定員を
持たせて頂いており、申し込み多数の場合は抽選とさせて頂いております。
ご参加希望頂いた皆様には必ず12日(木)までに御連絡させて頂きますので、
何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
※第一部に参加された場合は、第二部が無料で入場可能です

参加希望の方は下記お申し込みフォームにご入力ください。
担当者より折り返しご連絡させていただきます。

■第二部:ミュージアムサロン

第一部でこどもたちがつくったミュージアムを、
ミュージアムサロンとしておとな向けに営業します。

参 加 費:¥1,000/1名(ワンドリンク付)
     ※第一部に参加された方は無料で入場可能
会  場:Relax食堂HARAJUKU

第二部プログラム

特別展示
・デジタル生物:ライトアニマル
・イルカとクジラの頭骨(3Dプリントレプリカ):路上博物館

ミュージアムサロン
・ムシの話「つかまえる・飼う以外のムシの楽しみ方」
 ちゃぶダイブ

・イルカの話「世界自然遺産・小笠原のイルカレポート」
 篠原正典 先生(帝京科学大学)

※モデレータ:UDS 山内將生

ミュージアムショップ
・0.00
・ANTCICADA
・TAKEO
・路上博物館       ほか

※参加者多数の場合は入場を制限させていただく場合がございますので、
  何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

協力
ライトアニマル、小林昆虫、ANTCICADA、自然教育研究センター、
一般社団法人路上博物館、TAKEO、0.00、ちゃぶダイブ

詳細タイムテーブル

第一部

いきものマスター
河合晴義(ライトアニマル)、小林圭介(小林昆虫)、
松田直孝(自然教育研究センター)、森健人(路上博物館)

09:45~10:00 Relax食堂HARAJUKUに集合
10:00~10:15 ごあいさつ、オリエンテーション
10:15~10:30 代々木公園へ移動
10:30~12:00 いきものマスターと「冬の手がかり」をさがそう
12:00~12:30 公園でランチ
12:45~14:00 冬の手がかりをつかって、ミュージアムの展示を作ろう

14:00~21:00
子供たちがつくった一日だけのミュージアム「Relaxミュージアム」が
原宿にオープン!14:00~17:00は無料で入場可能です

第二部
17:30~17:45 ムシの話「つかまえる・飼う以外のムシの楽しみ方」
18:30~19:15 イルカの話「世界自然遺産・小笠原のイルカレポート」  

参加者の皆様へのお願い

コロナウィルス感染拡大防止の観点から、平熱と比べて高い発熱、咳・咽頭痛などの症状がある場合、発熱の他に、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・ 鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐がある場合は、お手数ですが、当日事務局へご連絡のうえ参加の自粛をお願いいたします。 またイベント中はスタッフからもお声がけさせて頂きますが、社会的距離の確保の徹底、咳エチケット、マスクの原則常時着用、手洗い・手指の消毒の徹底にもご協力を宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP